歯科 人形町 小伝馬町 歯医者 中央区

▼虫歯の治療

虫歯ができる過程

細菌+糖分=酸 → 【歯を溶かす】

これが虫歯になるメカニズムです。

虫歯は、口の中にいるミュータンス菌が酸を発生させ、その酸によって歯が溶けていく病気です。

口の中にはたくさんの細菌がいて、ミュータンス菌はその一つです。

ミュータンス菌は食物カスに含まれる糖分をエサとして、ネバネバ物質であるグルカンを発生させ、歯こう(プラーク)をつくります。

歯こうは細菌の住みかとなり、1mgの歯こうに2~3億個もの細菌がいます。

そして、歯こう中のミュータンス菌が糖分を分解して酸を発生させ、徐々に歯を溶かしていくのです。



甘いものを食べると虫歯になりやすいというのは、ミュータンス菌が糖分の中でも砂糖を好むからです。

間食に砂糖を使ったお菓子を食べたり、糖分入りの飲み物を飲んだりすると、ミュータンス菌がどんどん分解して歯の表面を酸で覆ってしまうので、虫歯になりやすくなります。

 

しかし、虫歯の原因はミュータンス菌と糖分だけではありません。

一生懸命に歯磨きしても虫歯になりやすい人がいます。

歯は子どもの時にあごの骨の中で形づくられますが、その時の環境などによって歯質が左右されるのです。



また、歯が口の中に出てきてからも唾液の作用によっても影響を受けます。

虫歯は酸が歯を溶かしていく病気なので、唾液が酸性に傾いている人は虫歯になりやすく、アルカリ性に傾いている人は虫歯になりにくいのです。

menu004.jpg


虫歯の原因は「ミュータンス菌」+「糖分」+「歯質」です。

どれか一つだけでは虫歯は発生しませんが、結びつくと虫歯になってしまいます。


虫歯は歯を失う二大原因(歯周病-虫歯)の1つになっています。

歯みがきや定期検診などの予防歯科と早期発見が何より大事です。

 


虫歯の治療


【虫歯の治療は必ずしもしなければいけないのか?】

と思う人もいると思います。

当院での答えは【No】だと考えています。

もちろん、大きさにもよりますが虫歯が進行しやすい人と進行しにくい人といます。

小さい虫歯を治すことで大きく削らなければならない場合は経過を見ていくことも重要です。

この場合は定期検診やメインテナンスなどにより、虫歯が大きくなっていないかなどを確認します。

もちろん患者さまの生活環境に合わせて治療を急いだり、遅くさせたりすることもできますので、ご相談しながら治療を進めていきます。

yk.jpg


これは虫歯かな?思ったら

2015 000000047(S1).JPG

虫歯ではないと思っている歯も、詰め物を外してみると虫歯になっている場合があります。
古い詰め物の境目から虫歯になっている『2次虫歯』はとくに注意が必要です。

2015-04-23 00(S4).JPG

すでに詰め物で削っている歯が虫歯になっているため、残る歯の部分が少ないのが分かります。

虫歯にならないことも大切ですが、虫歯になっても早めにケアをすることで自分の歯を守りましょう。