歯科 人形町 小伝馬町 歯医者 中央区

インフォメーション

2019-08-03 16:05:00

インプラント治療はもちろん、親知らずの生え方や病巣の状態によってはCT撮影が有効なことがあります。

CTは骨の状態、歯の状態が3次元で観察することができるので一般的に行うレントゲン撮影より精密です。

普段から見えない方向で撮影することができるので見えないヒビや破折具合、膿の大きさなどさまざまな情報を得ることができます。

とくにインプラント治療にあたっては方向などを決める上で重要な撮影であり必要です。

当院では必ずインプラントを行う場合CT撮影を実施しています。

また、骨に病巣があるときは広がり具合・骨のなくなり具合を観察することによって今後の治療計画を立てやすいというメリットがあります。

1.jpg

150323164627mhax_l.jpg